頭痛

中の島あおば鍼灸整骨院の頭痛治療とは?

症状別タイトル

  • 頭の片側だけ痛む
  • 身体を動かすとガンガンと頭に響く
  • 光に過敏になったり、音に過敏になる
  • 後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような重い痛み
  • 毎日のように朝から晩まで一定の鈍い痛みが続く
こんなお悩み女性

このような頭痛の症状には「日常的に起こる頭痛」と「脳の病気により起こる頭痛」と「慢性的に起こる頭痛」の3種類に分けらえれます。「日常的に起こる頭痛」には、風邪や二日酔いなどが原因なので、さほど問題ありません。「脳の病気により起こる頭痛」には、脳出血、くも膜下出血など、すぐに病院での治療が必用な頭痛です。「慢性的に起こる頭痛」には、緊張性頭痛と片頭痛と群発性頭痛があり日本人の3人に1人が「慢性的に起こる頭痛」で悩んでいるといわれています。

頭痛の種類

頭痛には大きく分けて、特に明確な病気があるわけではないのに繰り返し起こる頭痛(一次性頭痛)と、病気が原因であらわれる頭痛(二次性頭痛)の大きく二種類があります。

●一次性頭痛
(緊張型頭痛)(片頭痛)(群発頭痛)
緊張型と片頭痛の混合する人もいる

”緊張型頭痛”
頭全体が締め付けられるような痛みがあります。長時間同じ姿勢が続くと首や頭の筋肉が緊張し、血流が悪くなることで起こると考えられています。また目の使い過ぎによる疲労が筋肉のコリを引き起こし、頭痛を誘発することもあります。このような頭痛を起きないようにするには、肩や首の血流を良くするために温めて筋肉をほぐしてあげることが必要です。
”片頭痛”
ズキズキ脈打つような痛みが特徴です。男性に比べて女性に約3倍(20代から40代に特に多い)多く見られる頭痛で脳に血液を送る血管が拡張すると頭痛が起きやすくなります。吐き気が強く、光や音に過敏になることが多いです。その他にもストレスや疲労のほか、寝すぎや寝不足といった不規則な睡眠、梅雨や台風時期の低気圧といった天候の変化などがきっかけで頭痛が起こります。
”群発頭痛”
目がえぐられるような激しい痛みで、必ず頭の片側に起こります。一度症状が出ると、1~2カ月間、ほぼ毎日、同じ時間帯に頭痛が起きるようになります。体内時計が関係しているのではないかともいわれています。

●二次性頭痛
何らかの病気が原因で起きる頭痛のことをいいます。二日酔いなどアルコールが原因で起こる頭痛もあれば、くも膜下出血や脳腫瘍といった命の危険につながるものもあります。その中の「脳の病気により起こる頭痛」は病院での治療が対象になり、生命の危険も考えられる症状なので、すぐに病院を受診されることをお勧めします。

「慢性的に起こる頭痛」は3っに分類され「緊張型の頭痛」、「片頭痛」、「群発性頭痛」があります。「緊張型の頭痛」は長時間の不良姿勢、長時間のスマホ、パソコン操作、合わない眼鏡などが考えられます。「片頭痛」は、女性に多く、ストレスや特定の食事、不摂生などにより血管が拡張し血流量が増えたことにより起こると考えられます。「群発性頭痛」は、男性に多く、原因不明で、一定周期で激しい痛みが見られます。この中で当院での施術対象になるのは「緊張型の頭痛」です。

頭痛の治療法

お薬を使わずに原因を取り除きます

「片頭痛」は、血管の拡張などによる「頭痛」なので「冷やす」ことで痛みが軽減されることが多いです。痛みを感じたらこめかみの脈打つ部分を冷却シートや氷枕などで冷やしてみて下さい。身体を動かすことや入浴で痛みが助長されます。光や音などの刺激も避け、静かな暗い所で横になることが効果的です。「緊張型頭痛」は、首や肩の筋肉が硬くなってしまうことにより、血管を収縮させることで起こる血流障害なので、長時間同じ姿勢をしないこと、デスクワーク中に頭の重たさや肩コリを感じたら休憩を取って首すじや肩をマッサージしたり、簡単なストレッチや適度な運動をするなど、体全体をほぐすようにしていきましょう。コリや痛みを感じる場所を蒸しタオルなどで温めることも効果的です。それと「ストレス」を解消、軽減することも大事な要因の一つになります。「頭痛」の原因である「ストレス」を解消、軽減することが「頭痛」になやまされにくい体を手に入れることに繋がります。

頭痛の治療メニュー

首肩コリからの緊張性頭痛は首回りの筋肉や頭の筋肉が硬くなることにより発生します。また目や歯、顎関節や耳症状や疾患からも顔・頭の筋肉は繋がっているのでこわばりが発生します。スマホやパソコンなどの長時間同じ姿勢や体に負担がかかる姿勢(足を組んだり、横すわりをしたり)の場合には骨盤が歪みます。歪んだ骨格を放置しておくと、座っている姿勢から首、肩の筋肉が硬くなってしまいます。自律神経失調症においても頭痛は多く発生するので全身の血流を良くすることが大切です。血圧上昇や頭蓋内圧の亢進などは呼吸法により改善されるため、腹式呼吸を行い血液の流れを改善することが大切です。当院では改善する施術として、「全身骨格矯正」「猫背矯正」「頭蓋骨矯正」などがあります。また、「自律神経失調症」には「鍼灸治療」が有効と考えています。患者様の受けている「ストレス」を解消、軽減することも大切になりますので、症状やストレスの種類を特定し、患者様に合わせて治療内容を組み立てていきます。

改善するための通院(施術)頻度はどのくらい?

詳しく聞いたうえで、「一緒に考えていく」のがベスト

「頭痛」により日常生活に支障が出ないようにするためには、定期的な施術を受けることが重要になります。患者様が日常生活で受けてる「ストレス」を特定し、施術による効果を経過観察することができるのが定期的な施術を受ける利点です。「頭痛」は仕方ないと諦めず、患者様の症状に合わせた施術を受けることと、「ストレス」を軽減することで改善します。施術方法や期間などの治療プランは、患者様と一緒に考えますので、なんでもご相談ください。

予約ページへ >

LINE問い合わせ

▲ページの先頭へ戻る

中の島あおば鍼灸整骨院のご案内

【住所】〒062-0921   
北海道札幌市豊平区中の島1条1丁目7−11 藤井ビル中の島1


【電話】TEL:011-825-6356

中の島あおば鍼灸整骨院景観
受付時間 土日祝
9:00 ~ 13:00
15:00 ~ 20:00 9:00 ~ 17:00

〒062-0921 北海道札幌市豊平区中の島1条1丁目7−11 藤井ビル中の島1

定休日:年末年始

当院までの地図

○地下鉄南北線中の島駅南口から徒歩1分

○マックスバリュEx中の島店の近く

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

電話番号:011-825-6356

お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る