産後骨盤矯正・骨盤の歪み

北野あおば鍼灸整骨院の産後骨盤矯正とは? 症状別タイトル

  • 出産で広がった骨盤を矯正したい
  • 産後、便秘や冷え性になった
  • 腰痛や股関節痛に悩まされている
  • 体のラインが気になる
  • お尻が出っ張るようになった
こんなお悩み女性

出産のために開いた骨盤は、本来だとインナーマッスルによって徐々に戻るはずですが、筋力不足や育児などの負荷によって骨盤がズレてしまったり、産前のように戻らないことが多くあります。そのまま放置をしてしまうと、腰痛・肩こり・尿漏れ・便秘・体型の歪みなどの症状が出てきます。産後の女性はさまざまな身体および精神的トラブルに悩まされがちですが、そのような不調の原因が、産後の骨盤のゆがみであるケースは少なくありません。
産後矯正の目的は、妊娠・出産時にゆがんでしまった骨盤を元の位置に戻し、骨盤底筋群を始めとしたインナーマッスルがしっかり働くようにすることです。放置して良くなるものではありませんので、お早めに当院へお越しください。

どうして産後の骨盤矯正が必要なの?

妊娠や出産のために妊娠中はリラキシンというホルモンが多く分泌されていて、骨盤周りの関節や人体を緩める働きがあります。特に妊娠後期は分泌が活発化して、出産の準備を整えています。このリラキシンの分泌によって骨盤や関節が歪みやすく、妊娠中から猫背や反り腰になる方もいらっしゃいます。出産後は少しずつリラキシンの分泌が減っていき、産後6か月を前後で分泌が収まってくると言われていて、変化が出しやすいため6か月以内の産後矯正がおススメされています。
また、妊娠中は身体を動かしにくくなるため、筋力低下になりやすく、産後の育児で睡眠が思うように取れないと体の回復力も低下した状態で自然回復に時間がかかるため、産後矯正をお勧めしております。

産後に骨盤の歪みを放置するとどうなるの?

産後の骨盤のゆがみを放置した場合、不良姿勢にともなう腰痛・肩こり・ひざ痛、頭痛を慢性化させる恐れがあります。出産中に骨盤の歪みやインナーマッスルが減ってしまう方が多いため骨盤底筋群を始めとしたインナーマッスルがしっかり働かなくなり、頻尿や尿漏れが長く続く可能性もあります。骨盤のゆがみが取れないと、お尻まわりや股関節まわりが目立つようになり、下半身太りのリスクも高くなります。
また、産後の骨盤が歪んで開いた状態で固定されてしまい、身体にバランスが悪くなるだけでなく、開いた状態でいると内臓などが下がってしまい、膀胱や腸の圧迫による尿漏れや便秘・神経や血管の圧迫から生理痛や冷え性などの症状がひどくなることが考えられます。自律神経のバランスが乱れたままになると、産後うつを発症する恐れもあります。

産後骨盤矯正の治療法

患者様によって骨盤の状態は違う場合が多いため、骨盤の傾きや左右の歪み、患者様のご要望を聞いたうえでプランニングを行います。あおばグループの産後骨盤矯正は、ストレッチのようなソフトな施術で骨盤を正しい状態に癖づけることができます。
歪んでしまった骨盤だけでなく、猫背や反り腰などの全身の歪みに対しても全て手でアプローチができる矯正技術です

骨盤矯正の治療間隔

産褥期後~骨盤の安定する6ヶ月位までの4ヶ月間が最も効果的

産褥期が安静に過ごさなければいけない期間ですので産褥期後(大体産後2か月)から骨盤の安定する6ヶ月位までの4ヶ月間が1番変化&効果が出やすい時期になります。多くの場合は出産した病院で母子健診がありますので、不安な人は産後骨盤矯正を実施しても大丈夫か確認しておくと安心して治療を受けることができると思います。

LINE問い合わせ

▲ページの先頭へ戻る

北野あおば鍼灸整骨院のご案内

【住所】〒004-0863   
北海道札幌市清田区北野3条1丁目12-1


【電話】TEL:011-375-8620

北野あおば鍼灸整骨院景観
受付時間 土日祝
10:00 ~ 13:00
15:00 ~ 21:00 10:00 ~ 18:00
当院までの地図

○北野通り西松屋近く!

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

電話番号:011-375-8620

お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る